医師も推薦するプチ断食

プチ断食って大丈夫?

高城式高血圧改善ノウハウのキモは、プチ断食を取り入れた食事療法です。

 

教材を監修した藤城 博氏は、東洋医学を用いた施術以外にも、生活習慣病を専門に研究。特に食事療法にもくわしく、食養セミナーというタイトルで全国展開されています。

 

高血圧改善,藤城式,プチ断食,ケトン体,やり方

 

今まで、東洋医学と聞いただけで科学的データがないと知名度は今一つでしたが、西洋医学を学んだ医師もその効果を認めるようになり、にわかに注目されるようになりました。

 

これは、単なる”信じて”というレベルではなく、今まで解明されなかった未知の分野が、医学や研究装置などの進歩によって、科学的に実証されてきたからです。

 

例えば、このページでご紹介する”ケトン体”は、糖尿病や高血圧に効くというだけでなく、心臓の老化防止にも役立つと、テレビ朝日の「名医とつながるたけしの家庭の医学」でも取り上げられました。

 

プチ断食は高血圧になぜ効くのか?ケトン体とは?を、解説していきます。

自分の力で高血圧を改善?

藤城式で高血圧を下げるノウハウは、薬や運動に頼らず、栄養学に基づいた独自の食事療法です。

 

取り組み始めて最初にするのがプチ断食。これで一度身体をリセットするため、3日ほどで効果を感じることができます。

 

この3日というのがポイントで、人間は3日食べなくても死ぬことはありません。もちろん、藤城式食事療法で3日間全く食べないというわけではありませんが、決まった食材だけを食べることで糖の摂取を控えるのが一番の目的です。

 

やり方だけを聞くと「自分にできるのだろうか?」と不安に思うかもしれませんが、味覚がリセットされ、体が軽くなるのがわかるので、健康になっている自分の喜びの方が大きく、つらさを感じることはないと大多数のセミナー参加者がコメントしています。

 

糖の摂取を控えると、肝臓からのケトン体の分泌が多くなります。なぜなら、ケトン体は身体の中の糖が多い時は分泌されない仕組みになっているからです。

ケトン体って?

さて、ここで出てきた”ケトン体”という物質ですが、糖が少なくなると分泌が多くなることは説明しました。

 

なぜ、このような仕組みになっているかというと、人は通常、ブドウ糖を活動エネルギーとしています。しかし、食事の量が少なくなるとケトン体が分泌され、この物質が脂肪を砕いて燃焼するようになります。

 

高血圧改善,藤城式,プチ断食,ケトン体,やり方

 

これは「ケトン代謝」と呼ばれます。実はこの状態は、冬眠に入った哺乳動物と同じ状態なのですね。
ケトン代謝がはじまると、新陳代謝ではがれた腸壁や、死滅した腸内細菌などの宿便が出ます。

 

身体が軽くなっていくのが実感できるのはこういった理由からなんです。

ケトン代謝で改善できる点

ケトン体の分泌を促すことで、体がリセットされるだけではありません。自分の体がリセットされることを実感できることはなによりも喜びで、”心のリセット”にもなるのです。

 

私たちは小さいころから「3食きちんと食べて」といわれ続けてきていますので、しっかり食べないといけないと思いがちですが、朝しっかり食べても、デスクワーク中心の仕事だと燃焼しきれていないのです。

 

高血圧、高血糖とも”高”という漢字がつくのは、食事の量が高いと言い換えることもできるのですね。

 

この食事療法をおこなうことで、

 

・ 腸、血管がリセットされる
・ 身体の調子がよくなり、気分もよくなる
・ 味覚もリセットされる
・ ケトン代謝がおきてダイエットできる
・ 食生活を中心とした生活習慣を改善する気づきになる

 

つまり、最初は不安に思っていた食事療法にたいして「あれっ、つらいどころか、かえって調子がいいぞ!」ということになるので、継続することができるのです。

 

もちろん、藤城式高血圧改善メソッドは、しっかりとした栄養学に基づいているので、安心して取り組めます。

 

 

何も心配がないのが幸せです!

 

藤城式高血圧改善食事法,口コミ,評判,食事法